プロポリスとは

プロポリスとは

ミツバチの巣を外敵から守る

プロポリスとは、ミツバチが外敵から巣を守る為に木の樹液やハーブの新芽を用いて創る物質です。

ミツバチはこのプロポリスを巣の出入り口や巣枠、巣箱の隙間、巣穴の壁などに塗り付けることによって、雨風や冷気を防ぐだけでなく、外敵の侵入を防ぎ、巣や自らの体をバクテリアやウイルスから守ります。 プロポリスは、ミツバチの巣の中を清潔に保ち、巣を守る、大切な補強材なのです。

プロポリスの語源は、ラテン語のpro(プロ=前、正面)とギリシャ語のpolis(ポリス=都市)に由来します。 これはミツバチの巣を都市に見立てて、その前で「敵の侵入を防ぐ城壁」を意味しています。

かつてはハチヤニと呼ばれていたプロポリスの原料は、さまざまな植物の新芽、樹脂から成り、花粉やミツバチの分泌物である唾液や蜜ろうなども含まれています。樹脂にある栄養成分をミツバチは本能的に知りこの力を利用しているのです。

プロポリスの成分

フラボノイド(ケルセチン)、アルテピリンC、p-クマル酸、テルペノイドを始めとし、 各種ビタミン(A、B1、B2、B6、E、ナイアシン、葉酸)、 ミネラル類(カルシウム、鉄、銅、亜鉛、マンガン、マグネシウム、リン)、 アミノ酸類(アルギニン、リジン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、バリン・・・) などの成分を豊富に含み、 毎日の健康維持に有用な成分として非常に注目されています。

今の健康や若さを維持する為にはこの健康成分がキーワードになるわけです。

現在では、さまざまな研究機関でプロポリスの機能について研究がおこなわれ、プロポリスの解明が急速に進んでいます。