予防医学とプロポリス

プロポリス・アラカルト

【予防医学とプロポリス】

中国の古典のなかに、「未病を治す」という言葉が出てきます。まだ、病気にかかる前に、しっかり予防をしておこうということです。
病状が進行してから病院に行くのではなく、自覚症状がある時点で、処置を施す重要性が増してきています。勿論、日常生活の中での習慣等に配慮する必要があります。
そして、ここ数年、予防医学の一環として、プロポリスを治療に組み入れて、患者さんに使用するという機会も、増えてきているようです。