プロポリスはミツバチの生産物

プロポリス・アラカルト

【ミツバチの生産物[プロポリス]】

ミツバチが、木の芽や樹皮から樹液を集め、その樹液とミツバチの唾液の酵素が混じりあってできた物質、これがプロポリスです。
ミツバチは巣の入り口にプロポリスを付着させ、微生物の進入を防いでいます。よって、ハチミツ・ローヤルゼリーは生命維持活動に消費され、プロポリスは身を守るために使用されているということになります。