生活習慣病とは

生活習慣病を知ろう

【生活習慣病とは】

[生活習慣病とは]

毎日の生活習慣の積み重ねにより引き起こされる様々な病状のことをいいます。
生活習慣病は以前、成人病と呼ばれ加齢に伴う病気だとされてきました。 しかし、これらの病気の発症に生活習慣が深く関係があることが証明され、 平成8年12月に厚生省「公衆衛生審議会」が『成人病』を『生活習慣病』と改定しました。
昨日今日の生活習慣の乱れで起こる病気ではありません。 従って、一度発症すると治りにくいという特徴があります。

[代表的な生活習慣病]

以前、3大成人病と呼ばれていたものを始め、よく耳にするものばかりです。
・ がん
・ 脳卒中
・ 心筋梗塞
・ 動脈硬化
・ 糖尿病
・ 肥満
・ 高脂血症
・ 高血圧

[死の四重奏]

食習慣、運動習慣、睡眠、アルコール、喫煙・・・
毎日の生活習慣が健康を大きく左右します。 短い眼でみればさほどたいしたことはないように思われることも、 長い期間続くと取り返しのつかないことを引き起こす可能性があります。 特に
・ 糖尿病
・ 肥満
・ 高脂血症
・ 高血圧
は、『死の四重奏』と呼ばれるほど危険視されています。
この4つは、様々な病気を併発しやすく病気の元凶と言われています。