生活習慣病と肥満

生活習慣病を知ろう

【生活習慣病と肥満】

[肥満は万病の素]

肥満と生活習慣病には密接な関係があります。
血液中のコレステロールや中性脂肪が増加すると、血管がつまりやすくなり、 脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などを引き起こします。 その他、糖尿病なども肥満が原因となることが多いようです。

[どれくらいからが肥満?]

肥満度を表す単位に、BMI(Body mass index)というものがあり、この指数で判断します。
BMI = 体重kg / (身長m × 身長m)
仮に身長175cm・体重70kgの人を計算すると、 BMI = 70 / (1.75 * 1.75) = 22.85 となります。
一般的に、BMIが25以上ならば肥満と判定されます。 あなたのBMIはいくつだったでしょうか?

[肥満を予防するには]

肥満の原因は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れることです。 歳とともに代謝能力は低下します。 若い頃と同じ食生活では、カロリーを消費しきれずだんだんと太ってしまいます。 若い頃より食べる量を減らし、体を動かしましょう。