生活習慣病とメタボリックシンドローム

生活習慣病を知ろう

【生活習慣病とメタボリックシンドローム】

[メタボリックシンドロームとは?]

高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を引き起しやすくなっている状態のことを メタボリックシンドローム(Metabolic Syndrome)といいます。
肥満、特に内臓脂肪蓄積による肥満が生活習慣病と大きく関わることがわかってきました。 内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪型肥満より高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすいのです。

[どれくらいからがメタボリックシンドローム?]

メタボリックシンドロームの診断基準はいくつかありますが、最も簡単でわかりやすいのがウエストサイズです。 ウエストサイズが男性で85cm以上、女性なら90cm以上だと立派なメタボリックシンドロームと診断されます。
他にも診断基準はありますが、まずはウエストサイズで診断しましょう。

[メタボリックシンドロームを予防するには]

まずは肥満の対策をします。 特に、食事と運動に気をつけることが重要です。
間食や脂っこいもの、塩辛いものや甘いものを控えます。 緑黄色野菜を積極的に摂取し、ウォーキングやサイクリングなど定期的な運動習慣を心がけましょう。