プロポリスと食欲不振

生活習慣病の対策と予防

【食欲不振の予防と治療】

[食欲不振の原因]

@ 二日酔いやタバコの吸いすぎ
A 暴飲暴食、脂っこいものを食べた後や深夜の食事
B 疲労したときや睡眠不足など
生活の延長線で起こりやすいといわれておりますが、その他 がんや、胆石、肝炎などの病気、妊娠でも起こるとされています。 最近では、若い年代の食生活や、極度なやせ願望、精神的な問題から神経性食欲不振症をわずらっている場合もあるので、注意が必要です。

一時的なもの(原因がはっきりしていて、それを取り除けば改善されるもの)

・ 食べすぎ
・ 飲みすぎ
・ 運動不足
・ 過労
・ 睡眠不足
・ 便秘
・ ストレス、不安
・ 風邪  など

何らかの疾患が原因となっている場合

病気との関わりがありますので、医師に早急にご相談下さい

[予防と治療]

何らかの疾患が原因となっている場合は、その治療を優先します。 それ以外の場合は、多くは生活の乱れが原因となっているため、その見直しが大切です。
・ 生活習慣の見直し (規則正しい生活を送る)
・ 夜遅くに食事をとらない
・ 朝食はきちんと摂る (夕食を早めに摂る)
・ 食べ過ぎない (腹8分目)
・ 好き嫌いをしない (偏食をしない)
・ 気分転換をする、ストレスを溜めない
・ 適度な運動を行う
・ 十分な睡眠、休養をとる
・ タバコを控える
・ アルコールの量を少なくする
・ 定期検診を受ける      など