プロポリスと便秘

生活習慣病の対策と予防

【便秘の予防と治療】

[便秘の原因]

@ 食物繊維と食事の量、水分
まず、食事の量が少ないと腸の活動が弱くなり便の排出が少なくなります。 便秘には水分も大切で、水分が不足すると便が固くなり排出しにくくなります。 さらに、食物繊維も便を柔らかくする効果があるので、食物繊維が不足すると当然便秘気味となります。
A 腹筋力
腹筋の力が衰えると、腸の活動も衰えてきます。
B 我慢せずトイレに行く
便意を感じたら我慢せずトイレに行く習慣をつけましょう。 我慢する悪い習慣で、便意が脳に伝わらなくなり、慢性的な便秘へとつながります
C 生活リズムとストレス
不規則な生活とストレスは自律神経を介し、腸の活動を弱めます。
D 冷え
冷えは万病の素。基礎代謝が衰え便秘を誘発します。

[予防と治療]

・ 脂質を控える。
・ 便意を感じたら我慢せずトイレに行く。
・ 生活リズムを整え、ストレスを溜めない。
・ 下剤を使いすぎない(下剤が習慣付くとよけい便秘がひどくなることも)。

[便秘を予防する効果がある成分]

プロポリスが、胃・小腸・大腸の調子を整えること(整腸作用)が長年の研究によりわかってきました。
海外では、急性や慢性の大腸疾患患者の便秘をプロポリスで治療したというケースも多数報告されています。 プロポリスの整腸作用として、以下が挙げられます。
  • ぜん動運動の活発化
  • 抗菌作用
  • 善玉菌の増殖