プロポリスと月経痛

生活習慣病の対策と予防

【月経痛対策】

[月経痛の原因]

@ 子宮を収縮させるホルモンの分泌量が多い
受精の準備をしていた子宮が不要になった「子宮内膜」を体外に出すためのものが月経です。 月経中は「プロスタグランジン」というホルモンが分泌され、子宮を収縮させ排出を促します。 このホルモンの分泌量が多いと必要以上に子宮を収縮させてしまい、痛みを発生させていまいます。
A 血の出口が狭い
月経の血を体外へ排出する際、狭い子宮の出口を通ります。 この出口が狭かったり硬かったりすると、ドロドロした月経の血がスムーズに排出されず痛みを伴います。 これは、出産を経験したり歳を重ねると子宮口が広く柔らかくなりますので軽減されることが多いです。
B ストレス
月経の痛みがストレスとなり、不安や緊張をかかえることが痛みを強くすることがあります。
C 子宮の病気の可能性も
月経量がだんだんと増えてきたり、だんだんと月経痛がひどくなったりする場合は、 子宮内膜症などといった子宮の病気の可能性もあります。
市販の薬で症状が改善・軽減されるならそれで構いませんが、 あまりに症状がひどく改善されない 場合は気軽に医師へ相談しましょう。 個人の症状にあった薬を処方してくれます。

[月経痛対策]

・ 体を冷やさないように暖かくする。
・ 暖かい飲み物を飲む。
・ お風呂にゆっくりとつかる。
・ ストレッチや足のマッサージをする。
・ 便秘に注意する。
・ あまりにひどいときは無理をせず病院に相談する。

[月経痛対策に効果がある成分]