プロポリスと貧血

生活習慣病の対策と予防

【貧血の予防と治療】

[貧血の原因]

@ 最も多いのが鉄欠乏性貧血です。出血や月経、授乳などで体内の血が不足します。
貧血は血液中の赤血球やヘモグロビン(血色素)が減るためにおこる病気で、特に女性に多く、 鉄分を積極的に摂取しなければいけません。
A 赤血球の寿命が短くなり、慢性的に赤血球が不足する溶血性貧血
血色素や酵素の先天的によるものと後天的によるものがあります。
B 血液を作る骨髄の機能不全が原因となる再生不良性貧血
骨髄の造血力が低下し、血液が不足します。 血液の専門機関での検査が必要です。
C 感染症等で全身に関わる炎症が長く続くと、鉄欠乏性貧血と同じ症状に陥ることもあります。
D 貧血を起こすと、体に様々な症状が現れます。
頭痛やめまいがしたり、顔が蒼白くなったりします。 また、吐き気や動悸・息切れを催す場合もあります。
こういった症状が出た場合は、直ちに受診をしましょう。

[予防と治療]

・ 鉄含有量の多い食品(レバー、豚肉、マグロ赤身、しじみなど)を摂取する。
・ 鉄の吸収を助けるビタミンB類やビタミンCも一緒に摂取する。
・ お肉などのタンパク質と一緒に摂取する。
・ 規則正しい食生活を。

[貧血の予防と治療に効果のある成分]

鉄分とビタミンB2、B12(ビタミン類はプロポリスにも含まれる)