プロポリスと更年期障害

生活習慣病の対策と予防

【更年期障害】

[更年期障害の原因]

@ 女性ホルモンの減少
女性は加齢により女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が減少していきます。 45歳〜55歳頃までを更年期といい、この間にエストロゲン分泌が減り続けます。 エストロゲン分泌が減ると月経の周期が不規則になり、やがて閉経します。
エストロゲンの分泌がなくなることが原因で起こる更年期障害。
症状が個々人によって差がありますが、皆必ず訪れます。
その為、症状を軽くすることが大切といえます。

[更年期障害の症状]

@ 初期症状
イライラ、のぼせ、ほてり、むくみ、腰痛、肩こり、関節痛。 また、頭痛やめまい、動悸が起こることもあります。
A 遅れて現れる症状
骨粗鬆症や高血圧・動脈硬化、尿失禁など。 閉経から10年くらいして現れることが多い。 日頃からのケアが大切です。

[予防と治療]

・ 豆腐や豆、ごぼうなどを積極的に食べる。
・ 適度な運動。
・ 睡眠を充分に取る。
・ 半年に一回の定期検査を受けるのもよい

[更年期障害の対策に効果のある成分]