プロポリスと神経衰弱

生活習慣病の対策と予防

【神経衰弱の予防と治療】

[神経衰弱とは]

@ 精神的努力のあとの疲労の増大についての持続的な訴え
A あるいはわずかな努力のあとの身体的な衰弱や消耗についての持続的な訴えのどちらかがあることで、具体的症状としては、めまい、 筋緊張性頭痛、睡眠障害、くつろげない感じ、いらいら感、消化不良などがあります。
症状が不鮮明である事から、自律神経失調症、不定愁訴(ふていしゅうそ)症候群、慢性疲労症候群、慢性うつ病などとの区別が難しく、 この診断名を嫌う医師も少なくありません。かつてはノイローゼの訳語としても使われていました。

[予防と治療]

神経衰弱症には、主に疲れやストレスからなる場合がほとんどです。ですので、ストレスや疲れをなるべく体に残さない事が、一番大切な神経衰弱症の予防となります。
現代のストレス社会では、ストレスを溜め込まないのはなかなか難しいと思いますが、疲れてきているなと感じたら、積極的に休息を取ることや趣味等を行う事が大切です。
心と体のバランスは非常に重要で、体の疲れが心の疲れを招くケースは、私たちの想像するよりはるかに多いのです。 仕事や勉強なんでも、やりすぎには十分注意し、睡眠を多く取るよう心がけましょう。
自律神経のバランスを保つ為にも、なるべく多めに休息を取るのが神経衰弱症を未然に防ぐコツなのです。

[神経衰弱の予防と治療に効果のある成分]

[なぜプロポリスなのか]

「自律神経・ストレス・免疫・更年期」
トータルサプリメントであるプロポリスは、これらの症状にも有効であることが研究・解明されています。