プロポリスと歯周病

生活習慣病の対策と予防

【歯周病の予防と治療】

[歯周病の原因]

@ 食べカスによる歯周病
口の中にいる細菌が食べカス餌に繁殖し、 この細菌が口臭や歯周病の原因となります。 特に脂肪や動物性たんぱく質は細菌の大好物です。 柔らかい食べ物は食べカスが溜まりやすいといえます。
A 虫歯や歯垢(プラーク)による歯周病
口の中に虫歯や歯垢があると細菌が繁殖しやすくなります。 歯周ポケットに歯垢が溜まると歯周病の原因となります。
歯垢を放っておくと、歯石となりなかなか除去できなくなります。 こうなる前に早めの対処が必要です。
B 噛み合わせ
噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりをしたりする人は要注意です。 歯に負担を掛け続けると、歯を弱め、歯周病の原因となります。
C 糖尿病やストレス、たばこ
高血圧や糖尿病、ストレス、たばこも歯周病と深い関わりがあると言われています。

[予防と治療]

・ 物を食べたら歯磨きをする。
・ 歯磨きの際は、舌も磨くことを忘れずに。
・ 良い歯ブラシを選ぶ (毛の硬さが普通で長すぎない、小さめのものがよい)。
・ 口をうるおす。
・ よく噛んで食べる (殺菌作用のある唾液をより多く分泌させるため)。
・ お茶の葉やお茶の葉の粉末を舌の上で転がすのも効果的。
・ 規則正しい生活を送る。
・ ストレスを溜めないように、適度な運動などを心がける。