プロポリスと肩こり

生活習慣病の対策と予防

【肩こりの予防と治療】

[肩こりの原因]

@ 運動不足と長時間の同じ姿勢
肩や首の筋肉が緊張して血行が悪くなると、酸素が不足し老廃物が蓄積します。 こうした環境が続くと肩こりが発生します。
運動不足がちだとどうしても筋肉は衰えてしまいますし、 長時間同じ姿勢でいると、筋肉が凝り固まってしまいます。
A 重い荷物を持ったり、急な運動をする
荷物を片手で持ったり、肩に掛けたりして片方の肩にばかり負担をかけてはいけません。 また、普段あまり運動しないが急な運動をすると、へルニアを起こす危険もありますので 急に過激な運動をするのは避けましょう。
B 眼精疲労
目を使いすぎるのは肩こりの原因になります。 特に、乱視や近視の方は物を見るときにどうしても力が入ってしまいます。 こまめに目の休憩をはさみましょう。
C 腕からくる肩こり
肩こりは首や肩から起こるものと思われがちですが、 最近はデスクワークの増加に伴い、腕からくる肩こりが増えています。 肩に負担をかけまいとし、腕に負担がかかっているのです。
D 足を組むと、肩こりや骨のゆがみの原因に
E ストレス
ストレスも肩こりの原因です。 ゆったりした気分でリラックスする時間を設けましょう。

[予防と治療]

・ ゆっくりお風呂に入ったり蒸しタオルをあてたりと、温めて血液の循環をよくする。
・ じっとしていては逆効果!とにかく肩を動かす運動を。
・ 猫背にならないよう、良い姿勢を心がける。
・ 生活リズムを整え、ストレスを溜めない。
・ 日頃から適度な運動を心がける。
・ 枕の高さを低くする。
・ マッサージや湿布なども一時的な緩和ですが、効果的です。