プロポリスと肌荒れ

生活習慣病の対策と予防

【肌荒れの予防と治療】

[肌荒れの原因]

@ 一番はなんといっても紫外線
紫外線は、シミやそばかすの原因です。 若いときに日焼けをしたツケが歳をとってから回ってきます。 現在では、は一年を通して常に紫外線が強くなってきています。 曇りの日も紫外線は強いです。怠ることなく常に日焼け止めや日傘を使用しましょう。
A 空気の乾燥
肌荒れの原因は、肌の乾燥にあります。 肌表皮の水分量が減ると、新陳代謝が衰えます。 また、肌の乾燥はほこりや細菌などが付着しやすく、炎症の原因になります。 現在、どこの家庭でも冷房や暖房で空気が乾燥しがちです。 湿度の調節を心がけましょう。
B 睡眠不足やストレス
睡眠不足やストレスは人間の自然治癒力を衰えさせます。 さらに、夜10時〜深夜2時は新陳代謝が最も活発になる時間です。 この時間に寝ているのと起きているのとでは大きな差があります。
C 胃腸病・便秘
胃腸が弱っていたり便秘が続くようだと、老廃物の排出がうまくいかず肌荒れの原因となります。
D 栄養バランス
野菜をとり、脂を控える。 栄養のバランスを考えた食事が、肌荒れ対策の第一歩です。

[予防と治療]

・ 紫外線対策をする。
・ 空気の乾燥に気をつける。
・ 栄養バランスのとれた食生活を心がける(特にビタミンB、ビタミンC)。
・ 脂の採り過ぎに注意する。
・ 夜は早く寝ましょう。
・ 生活リズムを整え、ストレスを溜めない。

[肌荒れの予防と治療に効果のある成分]