プロポリスと二日酔い

生活習慣病の対策と予防

【二日酔いの予防と治療】

[二日酔いの原因]

@ 飲み過ぎ
アルコールは胃で20%、小腸で80%吸収されます。 吸収されたアルコールは血液に乗って肝臓で分解されます。 肝臓のアルコールを分解する機能にも当然限界があり、この限界を超えアルコールが翌日に残ると二日酔いになります。
二日酔いの状態では脳がむくんでしまっています。 いいことは一つもありません。 飲む量を抑え、飲み終わりの時間を早め、睡眠をしっかり取ることが二日酔い対策の基本です。
A 空腹と水分
アルコールを飲むときは、空腹時を避けなるべく水分を多く採るように心がけて下さい。 アルコールの分解に差が出てきます。 また、アルコールにより利尿作用が働きますので、いつもより水分量が減りがちです。 脱水症状を回避するためにも水分の補給は重要です。
B チャンポンをすると二日酔い?
色々な種類のお酒を飲むことを俗にチャンポンといい、チャンポンをすると酔いやすいと言われます。 実際、お酒の種類を混ぜたから酔うというわけではなく、チャンポンをすると必然的に飲む量が増えるため酔いやすいということです。 お酒の種類を変えると、おいしく感じついつい飲み過ぎに繋がるのです。 飲む量さえ間違わなければ、チャンポン自体は決していけない訳ではありません。

[予防と治療]

・ 空腹時を避け、水分を多く採りながら飲む。
・ お酒はゆっくり飲みましょう。
・ たばこは血流を悪くします。アルコールの分解が悪くなるので控えましょう。
・ 酔い覚ましにグレープフルーツジュースなど果汁ジュースを飲む。
・ 酔い覚ましにじじみの味噌汁を食べる。
・ 酔い覚ましに梅干を食べる。
・ 酔い覚ましにお茶やコーヒーを飲む。
・ 酔い覚ましにシャワーを浴びる。
・ 二日酔いにはスポーツドリンクが特におすすめ。適度なナトリウムやカリウムも補充できます。